「みやざき子ども文化センター」は、すべての子どもが人として、おとなと共にのびやかで豊かに生きられる社会を目指します。

kiyotake Diary

あみっ子クラブ

 9月から始まった「あみっ子クラブ」。毎週木曜日15:30~17:00 15名のクラブ員とともに、編み物をしています。9月はポシェットを編みました。初めて使う編み器に戸惑いながら何回もやり直しをしながら、それでも弱音を吐かず、4回で仕上げました。「出かけるときはいつもも持って行くんだ」とか「旅行に持って行く」とか、楽しい話をしながらも、素敵な作品を作り上げました。(10月は帽子を作ります)

幼児工作教室 おさかなちゃんつくり

9月13日(木)清武幼稚園の年長組17名が「おさかなちゃんつくり」にやって来ました。お話をよく聞き、元気いっぱいの姿が印象的でした。折り紙を小さくちぎって丁寧には貼る園児」、大胆にちぎり重ねていく園児、それぞれに思いが詰まり、楽しい工作となりました。

~木遊体験木~「小さな木の街大きなゆめが輝く空へ」

日時:8月18日(土)19日(日)25日(土)26日(日) 講師:立花 克樹 

 

植木鉢の中に色々な木のパーツを使って自分だけの空想の家や庭を作り、小さな町を完成させました。そして、その町の頭上には、自分の好きな物や夢が輝きます。そんな楽しい工作が4回連続で行われました。作品の夢の中には、スイカだったり、恐竜だったり・・小さな鉢の中に、大きな楽しい夢がいっぱい広がりました。

フラフープ道

8月15日(水) 第5回目のフラフープ道が行われました。夏休み中、しかもお盆ということで、参加人数が少ないと思っていたのですが、帰省中の児童や、昇段に燃えている児童が集まり、にぎやかに楽しく行うことが出来ました。

ジュエリーコンテストグランプリ決定

 ジュエリーコンテスト作品つくり(7月27日~8月3日)審査期間(8月4日~8月12日)を経、グランプリが決定しました。グランプリに選ばれた人、選ばれなかった人、それぞれに工夫を凝らし一生懸命作り上げました。皆さん、素晴らしい作品をありがとうございました。

書道教室

8月4日(土)13時30分~15時30分  講師 清野芳孝 氏


 清野芳孝先生をお招きしJA書道コンクールの課題に取り組みました。まず最初に各学年の課題についてご指導頂いた後、課題に取り掛かりました。会場はシーンと静まりみんな真剣でした。短時間の

間に素晴らしい作品が仕上がりりました。

ジュエリーコンテスト作品つくり終わる

 7月27日から始まったジュエリー作りが8月3日で終わりました。4歳から中学2年生まで185名あまりの児童生徒の皆さんが、工夫を凝らした個性あふれる作品を作ってくれました。今年度は男子中学生が参加し、素晴らしい作品を作るとともに、小学生の指導もしてくれ、頼もしい1面を見せてくれました。

 皆さん、作品つくりありがとうございました。コンテストの結果を楽しみにお待ちください。

ジュエリーコンテスト始まる

7月27日(金)14:00~16:00

  いよいよ待ちに待ったジュエリー作りが始まりました。何週間も、いえ何か月も前から何を作ろうかと楽しみにしていた児童たちが、大勢詰めかけ、ジュエリー作りに励んでいます。材料はアルタイ・紙コップ・折り紙・ビーズです。7月31日・8月1日・2日・3日とまだまだ続きます。アイディアをだし、すてきな作品を作りましょう。

国際大生と工作~木遊体験木~ 木の遊び場で遊ぼう

6月24日(日)13:00~16:00


 木の遊び場で遊び、遊んだものの中から作りたいなと思うものを作ろうという、遊びと制作を合体させた、子ども達にとっては興味津々の時間でした。学生の皆さんとたくさん遊んだあと、釣竿や魚・ケーキを作ったりと、親子で意欲満々の活動でした。作った物はお家でも大事にされ、親子の会話の一つとなっていくことでしょう。


 

幼児工作教室 雨たろう作り

 6月21日(木) 南今泉保育園の年長組15名が「雨たろう作り」にやってきました。雲に個性的な顔を描いたり、かたつむりの顔や形を工夫したりと、集中して取り組みました。かわいくすてきな傘も梅雨のいやな気分を晴らしています。

フラフープ道

 6月20日(水)第3回目のフラフープ道が行われました。みんなよく練習をし、どんどん級や段を上げています。2つのフープを歩きながら50回回せる児童も現れました。

幼児工作教室 雨たろう作り

 6月14日(木)清武中央こども園の年長組18人が「雨たろう作り」にやって来ました。「雨たろう作り」とは,雨に関係のある雲や傘、かたつむりなどの工作の事です。お話をよく聞き、手際の良さが印象的でした。10枚の折り紙をずらさずに重ね、きれいな傘にできたのは、素晴らしかったです。


まるで宝石屋さん

毎回、皆さんに誉めていただいている正面入り口のショーケースは、手作りのジュエリーが並びました。「アルタイや折り紙・ビーズを使った作品とは思えない」と、評判の展示です。

 7月27日~8月3日まで(7月29日・30日は休み)子どもたちによるジュエリーコンテストを開催。自分だけのきらきらジュエリー作りに参加してください。

国際大生と工作(木の道コトコト)

5月27日(日)  13:00~15:30  講   師 :宮崎国際大学 准教授 守川美和   スタッフ:学生5名


キッズアートアカデミーこどもアート大作戦~木遊体験木~の第3回目。

 まず初めに、みんなで「木と森のクイズ」を問答しながら、木の大切さを学びました。その後は、端材を使って木の車を作りました。宮崎国際大学の先生と学生さん、保護者とワイワイ楽しく交流しながら、創造力を膨らませ個性的な車が完成しました。隣の部屋では、木の道を繋げて、木の車をコトコト滑らせながら、夢中で遊ぶ幼児さんの姿も見られ、「楽しかった~また次も参加します」という嬉しいお声もいただきました。第4回目も楽しみにしていてくださいね。

フラフープ道

5月16日(水)16:00~17:00

 今回も大勢の児童が参加してくれました。みんなとても上手で、もうすぐ師範に手が届きそうな児童もいました。決まりを守り、交代で練習をして、昇格試験を受けることが出来ました。

ドライアイスであそぼう!

5月3日(木) 10:15~11:45 講師 佐藤和子氏(科学読物研究会会員)


 佐藤和子氏を講師にお招きし、ドライアイスを使った楽しい実験をしました。

ドライアイスをテーブルの上で滑らせたり、ドライアイスで風船をふくらませたり、

ジュースの中にドライアイスをいれてみたり おもしろい体験をいっぱいしました。

実験の間に読み聞かせや本の紹介もあり、楽しみながらいろんな事を学びました。

アイスキャンディーを冷凍庫で凍らすと何時間もかかるのにドライアイスを使うと

あら不思議、あっという間にこおりました。最後はみんなでアイスキャンディーも

食べました。



国際大生と工作(木の船を作ろう)

4月27日(金)15:30~17:00

 先週に引き続き、宮崎国際大学の守川准教授と学生の皆さんが、「木の船作り」を指導してくださいました。四角い木をのこぎりでぎこぎこ船の形に切り、部屋を作ったり、帆を張ったりして、オリジナルの船を作りました。木のいい匂いがする、すてきな船がたくさん出来上がりました。

けん玉教室

4月21日(土)14:00~15:30 指導:MCKC宮崎市けん玉クラブ


 今年度4月~12月までの(8月は休み)第3土曜日14:00~15:30に行われます、けん玉教室の第1回目が行われました。はじめにけん玉クラブの方よりけん玉の成り立ちや持ち方の説明があり、その後それぞれに練習をし、丁寧に指導をして頂きました。「秋にある検定試験を目指し、頑張ります。」と、意気込みを語る児童もいました。

KIDSリンガーズ

新しく5名のメンバーを迎え平成30年度の練習が始まりました。今年も施設に訪問させて頂いたり、みんなの前で発表したりしながら、きれいな音を奏でたいと思います。

国際大生と工作(木で小さな棚を作ろう)

4月20日(金)15:30~17:30

 宮崎国際大学の守川准教授と学生の皆さんが、棚づくりを指導してくださいました。のこぎりを使うのが初めての児童がほとんどで、緊張しながらぎこぎこしていました。切り終わるとくぎを打ったり、ボンドで付けたり、集中して作業をしました。最後に色付けをすると、世界に一つだけの自分用の棚が出来ました。

幼児工作教室 兜つくり

 4月19日(木)しんまちこども園の年長組22名が「兜つくり」にやって来ました。年長になったばかりですが、お話の聞き方や、作業の様子がとてもよく、難しい色塗りなども集中して出来ました。元気でたくましく成長してほしいですね。

フラフープ道

4月18日(水)

  箸道、おてだま道に続く「道シリーズ」第3弾!

今年は、楽しみながらバランスとリズム感を鍛えるフラフープに挑戦します。

1回目の今日は、1本のフラフープを3回まわすところから始めました。よく回せる児童は、50回まわしたり、反対回しをしたり、歩きながら回したりもしましたよ。

 来年の3月まで、毎月1回挑戦しますが、歩きながら2つのフープを50回以上回せる「師範」が何人出るか楽しみです。