「みやざき子ども文化センター」は、すべての子どもが人として、おとなと共にのびやかで豊かに生きられる社会を目指します。

Event Memory

クリススマスアートフェスタ

日 時 :令和2年12月6日(日)  12:00~16:00


児童文化センター毎年恒例のクリスマスフェスタが行われました。オープニングのKIDSリンガーズによるハンドベルの優しい音色の演奏で癒された後、工作スタート。今年は7つのブースの中から自分の好きな工作にチャレンジするという内容でした。参加人数はやや少なめでしたが、アットホームな雰囲気でゆっくりと創作活動を楽しむことができましたというお声をいただきました。また、平成31年度から子ども達が制作し館内に飾っている7作品を廻って、どう感じたかの感想も書いていただきました。最後につりぼりゲームで遊んで終了。子ども達にとって楽しい1日になったのではないでしょうか。

つくろう!ぼくらのヒミツまち&えほんおはなし会

日 時:令和2年10月11日 12:45~15:45 

講 師:ザ・キャビンカンパニー 阿部  健太朗 / 吉岡 紗希


 大分から絵本作家のザ・キャビンカンパニーさんを講師にお招きして「つくろう!ぼくらのヒミツまち&えほんおはなし会」を開催しました。キャビンさんの来館は昨年に引き続き2回目。昨年みんなで力を合わせて作った「月と太陽」のオブジェの下に56名の子ども達が作った不思議で可愛いヒミツまちが大集合しました。ワークショップの後は、えほんおはなし会。いかたろうダンスもみんなで一緒に踊りました。キャビンカンパニーさん、楽しい時間をありがとうございました。


工作いっぱい!クリスマスフェスタ

日時:令和元年12月1日 13:00~16:00


今年は、クリスマスに飾りたくなる様な可愛いクリスマス工作で楽しみました。牛乳パックとフェルトで作る「サンタブーツ」、毛糸を編んで作る「ミニリース」、牛乳パックと色紙などで作る「ケーキ」宮崎国際大学の学生さんとつくる「ウッドスタンド」、紙粘土や木の実枝などを使った「雪だるまサンタ」、大きな松ぼっくりを使った「松ぼっくりツリー」の全部で6つ。工作を楽しんだ後は、お菓子をもらって当たりが出たら景品がもらえる「ガチャポンくじ」をして楽しみました。たくさんの子ども、親子連れで賑わいました。

防災フェスタ

令和元年9月8日(日)13:30~15:30   講師:樋口 弓子 氏 他ボランティア8名


防災の知識を楽しみながら学べる「防災フェスタ」が行われました。

ゴミ袋で作るポンチョやキッチンペーパーで作るマスク、新聞紙で作るスリッパなど身近にあるものを利用して役立つ防災グッズを手作りしました。また、災害時に必要な物は何かをクイズ形式で考えたり、カセットコンロで簡単にできるご飯とスクランブルエッグの防災食作り体験など、災害時に即役立つ事ばかりでした。

こわ~いお話会


児童文化センター恒例となった「こわ~いお話会」が令和元年8月4日(日)13:30~14:30まで行われました。3年目となった今年は、更に演出にも凝り、怖さもなかなかの仕上がりとなりました。演目は、座敷わらし、教室の掃除用具入れ、赤ん坊お化け、コツコツトンネル、墓をあばく老婆、飯降山の5話。「怖かった~」「怖くなかった」感想も色々でしたが、最後まで集中して聞いてくれていたようです。

2019年度 おいでおいで子どもフェスタ

平成31年4月28日(日)13:00~16:30

開館31周年を記念して、「おいでおいで子どもフェスタ」を行いました。工作やプラレール、お菓子つり等で盛り上がり、大勢の人でにぎわいました。

尚 フェスタ工作と題し、5/1~5/5までいろいろな工作を行いました。


指人形作り                        


とんとん相撲                      

おもちゃ広場                        プラレール

お菓子つり

兜                                    巾着

のびる剣                              針金ブローチ

万華鏡