「みやざき子ども文化センター」は、すべての子どもが人として、おとなと共にのびやかで豊かに生きられる社会を目指します。

artacademy

アメリカから素敵な高校生たちがやってくる!コンサート開催です!

宮崎市の姉妹都市バージニアビーチ市から素敵なパフォーマーたちがやってきます。

宮崎市とバージニアビーチ市姉妹都市盟約25周年記念事業として宮崎市バージニアビーチ市姉妹都市協会では、バージニア州政府が運営する芸術学校(GSA)プログラム「Voices of Virginia」(通称:マグネットスクール)に通う高校生たちが、姉妹都市交流特別公演「Hoorai for HOLLYWOOD(ハリウッド万歳)」を開催します。
宮崎市民文化ホールにて、映画音楽を中心にステキなショーを繰り広げます。

...

実は、キッズゴスペルクルーも前座で出演します。

 

前売り券の販売をしています。
大人1,000円(当日1,500円)
子ども 500円(当日800円)

多くの人に来てほしい

子ども劇団「空風スマイルシアター」合宿しました(*^。^*)

8月11日(金)12日(土)の2日間、空風スマイルシアターは毎年恒例の合宿を行いました。

お天気に恵まれ、とても楽しい(・・でも暑いイヤ、熱い!)合宿でした。

 

 今回の合宿の一番の目的は同じ子ども劇団でもある「三股座」の試演会「おまわりさんと赤い三輪車」を観劇すること。

 そのために前日から都城に泊まり、演劇ワークショップをして、美味しいご飯を食べて、楽しい宿泊先での夜を過ごして・・・

準備万端で「三股座」の公演に臨みました。

 

 三股座は14年目。

空風スマイルシアターは4年目。

やっぱり先輩たちはすごかったです!

声出しも、表情も、その場面を声で表現することも・・・今回の三股座は朗読劇だったのです。朗読劇は空風のメンバーは初めてだったので、少しびっくりした感もあります。

でも、朗読劇って面白いなと思いました。声で、声の調子や強弱で場面を表現するんです。見ている私たちがその場を想像できるように持っていくんです。

面白い、でもむずかしだろうなとも思いながら引き込まれていました。

 

観劇の後は昨年から参加している交流会。

門川から同じく子ども劇団「かどっこ」もやって来て、3つの劇団が一緒にお昼ご飯を食べました。

三股座の保護者の皆さんが作ってくださった美味しい!美味しい!カレーをいただきました。

2杯目のお代わりをしている子どもたちもいましたよ♪

1年ぶりの交流会でした(^O^)

 

帰りのバスの中でも子どもたちは元気!!

疲れを知らない、スーパーキッズぶりを発揮していました。

 

みんなこの合宿がとても楽しみ。ここでギュッとまとまり、自分たちの公演に向けての態勢ができてきます。

来年も新たな内容を準備して子どもたちの五感を刺激しなくては!

こどもダンスカンパニーKID'S☆STAR 「まつりえれこっちゃみやざき2017」にて賞獲得しました!!

7月29日(土)・30日(日)で行われました「まつりえれこっちゃみやざき2017」にて、こどもダンスカンパニーKID'S☆STARが20チームの中から「アマノウズメ賞」を獲得しました!


「アマノウズメ賞」とは、情熱、あおり、演出など客席を一番巻き込んだチームに贈られるものです。(※アマノウズメ→アマテラスを天岩戸から誘い出した舞)


 今年は宮崎の伝統の一つである「神楽」を創作しました。コンテンポラリーで「神楽」を表現し、会場を盛り上げることができたと思います。

 本当に暑かった1日ですが、子ども達の顔はキラキラと輝いて、疲れなど感じさせず、計4回の踊りを見事にやり切りました!

 いつも踊る直前に、先生からの指導が入り動きが変わるのですが、そのすべてに対応できる子どもたちのチカラは、本当にすごいと思います。毎年の経験が着実に積み重なっているのを感じます。

 

 本当に、本当におめでとう!!そして、これからも素敵な作品をたくさん作っていきましょう♪

キッズゴスペルクルー 祭りえれこっちゃ2017『ミュージックパラダイス』に向けて発進!!

キッズゴスペルクルーは祭りえれこっちゃ2017『ミュージックパラダイス』への参加が決定しました。26組の応募があり、うち12組が参加権を得たようです。

 決定する前から「もし、参加が決まったら・・・」ということで、練習はしていたのですが・・・

 今回のステージは4曲披露する予定です。

 ①Joyful Joyful

   ②seasons of love

 ③This is the day

 ④Joy

  4曲中3曲が新しい曲を披露します。

 多くの方に来てほしいですね。

 7月30日(日)


キッズゴスペルクルー、久しぶりの練習だ!(キッズアートアカデミー)

 夏休み、キッズゴスペルクルーも練習が2週間お休みでした。

今日は久しぶりのキッズチームの練習日(8月28日)。

うーーん、さすがに夏休みが終わる前とあってお休みの子も多いね。でも、興味ありますと見学の方も来てくださいました。

久しぶりに声を出して歌うと、やっぱり楽しい!!(*^ω^*)

 

9月19日(土)、20日(日)は合宿です。

ゴスペルだらけ、ゴスペルづけ、ゴスペルいっぱい・・・の合宿です♪♪

普段できないところや苦手としているところの練習やダンスを覚えていない人たちに向けてのダンス特訓やハモリの練習等々・・・メニューはいっぱいかな!

みんなで合宿するとチーム力も強くなります。


   

キッズスター「まつりえれこっちゃみやざき2015」で受賞しました!

7月25日(土)心配していた台風12号の影響は全くなく(風が少しあったかしら)、気持ちのいいほどの青い空が広がりました。

 

 今年のキッズスターは11名。元気な男の子2人そして明るくかわいい女の子9人。チームワークはバッチリ。この11名の演技は、おそらくジュニアチームの中では一番少ない人数を、手にした2枚のTシャツで11名→33名にして演じることでした。2枚のTシャツを2人に自分を1人と数えると、一人が三人になるでしょう。そうすると33名 ??? わかりますか。


 演技は楠並木通り→オルブライトホール→橘通り3丁目(雲海ステージ)→一番街と4回続きました。付いている大人たちでさえクラッとする暑さの中を、元気に夏風となって吹き抜けました!


 『表現力に優れたチーム』に与えられる「いろどり賞」を頂きました!


 楠並木、オルブライト、橘通り、一番街と子どもたちはスピードを落とすことなく駆け抜け、今までで最高の笑顔ですべての時間を楽しみました。


 8月からはまた練習です。

 

キッズゴスペルクルー、江平子安観音大祭に登場!

7月17日(金)、18日(土)に開催される、江平子安観音大祭にキッズゴスペルクルーが登場します。17日(金)の19:30~20:00です。18日は出演なしです。

 5月の市民文化ホール以来久しぶりのステージになりますので、みんな張り切っています。この日は「クルー」だけのステージとなります。

そうです!今、キッズゴスペルクルーは「キッズチーム」(小学生中心)と「クルーチーム」(中高生中心)に分かれて練習しています。

 キッズチームの練習は18:00からですが、クルーチームは19:00からの練習となります。


 キッズゴスペルクルーにとって江平は「地元」です。以前からここで歌いたいなと思っていたところなんです。クルーのメンバーの半数がここ江平界隈の中学校なんですが、それだけに知り合いも多くすこしやりにくいところもあるようです(*^_^*) ウンウン、わかりますよね


 17日(金)は江平の多くの人出でにぎわいますよ。台風も大丈夫なようです。皆さんも遊びにいらっしゃいませんか。

キッズゴスペルクルー+バンド+和太鼓 熱い練習です!

5月9日(土)に開催される「子どもきらめく音の祭典」の練習もいよいよクライマックス!

 26日(日)18:00~共演するバンドさん、和太鼓奏者の岩切響一さんと初めての音合わせを行いました。

 バンドはO-Chan's factory Band。ベースの大西映光さん、ギターの神崎充さん、ドラムの服部央さん、パーカッションの谷口潤実さんという最高のメンバーです。ここに和太鼓奏者の岩切響一さんが入るのです。想像してみてください・・・どんなに素敵な演奏になるか!

 18:00 バンドさんたちが入り楽器の準備が始まり、アンプをつないだりスピーカーをセットしたりと次第に練習室の空気がピーンと張ってきました。子どもたちも見慣れない道具の数々に興味津々。声出しをしながら視線がバンドさんへ。

 当日歌う5曲を通しで合わせていきます。さすがプロの演奏者たち、ちょっとの一言で演奏を変えたり、確認しあったりができていきます。


5月9日は市民文化ホールへおいでください。入場は無料となっています。

この演奏を聴かないなんて!

いえ、ぜひ聴いてほしい!

熱い!「KID'S GOSPEL CREW」の練習だ!

4月3日(金)、4日(土)とキッズゴスペルクルーの練習がありました。

 3日は毎月の練習(全員)、4日はAチーム(リードをとる子どもたち)の練習でした。

 

 実は、5月9日(土)に大きなステージが入っています。「宮崎市子どもきらめく音の祭典」。

小・中・高校生を対象とし、宮崎国際音楽祭の関連イベントとして市主催で行うものです。

今年は三部構成となっていて、第一部は「バレエと吹奏楽ステージ」第二部は「チェロとコンテンポラリーダンスステージ」そして第三部が「キッズゴスペルクルーとバンドステージ」となっています。


 大きなステージで多くのお客さんに聞いていただくためには、やはり練習をひたすら重ねること!

一人一人の子どもたちは100%の力を出せるよう、笑って練習して、泣いて練習して、悩んで練習して、助け合って競い合ってひたすら練習すること。そんなクルーたちを私たちは思いっきりサポートします!

 

 5月9日(土)18:30~20:30

 宮崎市民文化ホール

 「宮崎市子どもきらめく音の祭典」


練習続報をまたお届けしますね❤

キッズスター、元気に練習しています!

 毎月2回木曜日に練習しているキッズスターの練習の様子をお知らせします。

まずは始めに準備体操。一人だったり二人組だったりで行いました。子どもたちなかなか柔らかい身体でしょう

 次にティッシュを使って楽しく動きます。ティッシュを落とさないように吹きます フーフー フーフーFu~Fu~ 柔らかいティッシュはフワフワ~~フワフワ~~身体を使って落とさないように・・・

 今日のメインは3人グループになって、以前CMにも使われたピグミンの「愛の歌」にのせてスポーツの動きを作ります。水泳だったり 「クロールかな」バスケットだったり 「シュート、シュート!」・・・楽しい表現の時間!



12月のキッズゴスペルクルー 

キッズゴスペルクルーの12月のステージの様子をお知らせします。

 12月20日(土)イオンで歌いました!

 この日は大人のゴスペルグループ「As ONE(アズワン)」さんのステージに招待していただきまし                

た。アズワンさんとは前の年にも共演してノリノリで楽しいステージだったので今回もとても楽しみに 

していました。

 始まったステージはやっぱり楽しかった!お客さんも多かった!4曲ほど歌いましたが、最後にアズワンさんと一緒に歌った「JOYFUL JOYFUL」はラップの部分もアズワンのロイドさんやポールさんとキッズラッパーが一緒になって歌い最高の盛り上がりでした!

 

 12月23日(火)インターナショナルクリスマスマーケット

 この日は公立大で国際交流協会さんの依頼で歌いました。それほど広いお部屋ではなかったけれど、たくさんの人たちがやってきて外国の方もいっぱいいらっしゃいました。あまり食べることのない外国の料理もあり、会場内にはいいにおいもただよって楽しいクリスマスイベントになりました。

 

 11月から続いたキッズゴスペルクルーのクリスマスツアーも終わり、来年に向けてみんなで頑張ろう!と思いました。

新しい年もすでにステージの依頼が届いていますが、しばらくは(1~4月)練習に集中します。新曲の練習もあるし、ボーイズだけの新ユニットも考えているし・・・ますます楽しくなりそうなキッズゴスペルクルーです。

 

劇団「空風スマイルシアター」 旗揚げ公演おこないました!

12月14日(日)子ども劇団空風スマイルシアターは、みやざきアートセンターで初めての公演を行いました。

 13:30と15:30の2回公演でしたが、どちらにも100名近い来場者があり感激のうちに終演となりました。

 この日は10:00には子どもたちは集合し、ステージができるのを横目に最終の調整を行いました。指導の永山さんからは何度も繰り返しの注意や助言が飛び、公演直前まで厳しい稽古となりました。子どもたちにも次第に緊張が広がり、真剣な表情で何度もパート練習等を繰り返していました。

 子どもたちの初めての公演ながら、演劇の凄さ、演じることの難しさ、お客様を迎えることの意味、気持ちを一つにすることの大切さなどいろんなものを短い時間に見ることとなりました。

 

 ワクワクはドキドキに変わりそして更に大きなドキドキとなり、ステージは始まりました。子どもたちひとりひとりが自分の役柄にあわせて衣装を準備し、小道具を作った子もいたのです。

透明人間や魔女、婦人警察官、きたろう、メガネ屋さん、観光客などなどが次々と登場します。

子どもたちは凄い!

たくさんのお客さんたちが見つめる中、自分の役をセリフ(言葉)身振り、表情すべてを使って表現しています。

 1回目が終わった後のほっとした顔。続いての2回目、すでに余裕が見られるような・・・

 

 公演終了後、子どもたちの頬は上気して目はキラキラ輝いていました。一つの舞台をみんなの力でやり終えた。2回の公演で自分の役割を果たせた。いろんな、すべての思いがその表情の中にあったような気がします。

 子どもたちはすでにこの場で「絶対にまたやりたい!」「また参加する!」と口々に言っていました。次回・・・きっと、この劇団空風スマイルシアターはパワーアップして皆さんの前に登場することになるでしょう。お楽しみに!!

 

 

陶器で作るクリスマスリースとお正月飾り 2回目

 10月に粘土で作ったリースと小皿が焼き上がりました。陶芸家の伊藤さんから一人一人に手渡されました。子どもたちは自分の作品を手にしてうれしそうな笑顔!

 一人ずつの作品プレゼンでは、「自分で選んだ色を塗ったけど、思った通りの色に焼き上がった。うれしい。」「型抜きで細かい部分があり苦労したけどうまく出来ていてうれしい。」などの感想が聞けました。

 お皿とリースの焼成温度の違いなどを聞き、温度の違いが作品にどのような違いをもたらすかなど真剣に聞き、実際の違いを自分の目で確かめ、指で触り感触でも違いを確かめていました。

 また、アメリカから取り寄せた伊藤さんこだわりの釉薬についても、発色のよさや色の鮮やかさについて聞きながら自分の作品と見比べていました。

 

 その後、伊藤さんのアトリエに行き、自分の住む街で陶芸家がどんなふうに仕事をしているのかといったお話を伺いました。

 たくさんの釉薬や見たことのない道具、焼き上げる窯などに驚き、たくさんの質問をしていました。

 子どもたちは自分の作品を手にしたこと、陶芸家・美術家の仕事やアトリエという仕事場見学など初めての事も多く、驚きや感心・興味を多く持った日となったようです。

キッズゴスペルクルー、街のイルミネーション点灯式で歌いました!

11月7日(土)、みやざきアートセンターの太陽の広場で開催されましたイルミネーション点灯式で、クルーたちは元気に歌い踊りました。

今回はAチーム11名でのステージでしたが、5年、6年と歌ってきている子どもたちなのでしっかりと素敵に歌ってくれました。さすが!!です。

クリスマスシーズンはゴスペルもシーズン。これからアポロの泉(11/15)やイオン(12/20)でのステージも控えています。練習をがんばって、みなさんにパワーいっぱいの歌声をお届けします!聴きにきてくださいね❤

 

10月最後の練習・・・台本ができました!いよいよ!

  10月25日(土)演じる子どもたちの練習がありました。

 上元千春さんからの指導で発声練習を十分に行った後、待ちに待った台本が永山さんから全員に配られました。

 「おもしろガリーの風色めがね」・・・登場人物、えっ、魔女がいる透明人間もいる、きたろう?観光客に婦警さん なんかわくわくWAKUWAKU、ワクワク!

 早速、台本の読み合わせそして立ち稽古。みんな真剣な表情、でもとても楽しんでいます。永山さんから「ほら、誰に向かって話してるの」「こっちからのとうじょうだね」など指導の声が飛びます。

楽しいね!みんなで演じるって。みんなで作り上げるって。

 12月14日(土)街で公演します!たくさんの人に来てほしいです!

陶器で作るクリスマスリースとお正月飾り①(子ども夢基金助成活動)

 10月19日(日)、子ども夢基金の助成を受けて『「陶器でつくろう」クリスマスリースとお正月かざり』の1回目を開催しました。

 講師には陶芸家の伊藤五恵さんと美術家のエリック・ラーソンさんをお迎えしました。

 伊藤さんは子どもたちに丁寧に作り方の指導をされます。それとともに、「説明をするときには私の顔を見てね。」「みんなが分かっているかどうかを知るために、返事ははっきりしてくださいね。」「目上の人に返事をするときは、うんではなくはいと言いましょう。」などなどとても大切なことも話してくださいました。

 

 2時間、子どもたちの集中は途切れることなく、時間をおいて出る伊藤さんからの手順や指示に遅れることもなくついていきました。

 最後の仕上げとなるクリスマスリースの色付けには、種類の多い釉薬の色を楽しんだりエリックさんの助言を受けたりと、嬉しそうな表情が印象的でした。

それぞれが、次回に焼きあがってくるのが楽しみだと言い、中にはお父さんお母さんに自慢したいと話す子どももいました。

 さあ、次回は11月9日(日)です。どんな素敵なリースが出来上がってくるでしょう。子どもたちの最高の笑顔が楽しみです。

キッズゴスペルクルー アートセンター5周年記念で歌う!

  10月4日(土)みやざきアートセンター開館5周年記念のオープンセレモニー で、キッズゴスペルクルーは5曲のゴスペル曲を披露しました。


1)Oh happy day
2)愛のシャリオ
3)Joyful Joyful
4)Amazing grace
5)This little light of Mine


 新加入のメンバーも登場する場面もあり、元気な歌声でオープンセレモニーを盛り上げました。