「みやざき子ども文化センター」は、すべての子どもが人として、おとなと共にのびやかで豊かに生きられる社会を目指します。

kiyoevents

おてだま道

 3月14日(水)本年度最後のおてだま道が行われました。

 最後まであきらめず、必死で上位を目指そうという児童でいっぱいでした。

 3つのおてだまを27回まわせた師範、3回まわせた8段、2つのおてだまを片手で10回まわせた5段、その他94名の道士達、本当によく頑張りました。

 上段位者の試技を見たり、拍手でほめたり、楽しく1年を締めくくりました。

キッズリンガーズ練習中

発足して1年になろうとしている、ハンドベルのチームです。なんといってもチームワークが大切。5年生を中心に、難しい曲にも挑戦しています。これからの演奏がますます楽しみです。

おてだま道

 2月21日(水)11回目のおてだま道が行われました。片手で2つのおてだまを10回以上回す、5段に合格した児童がまたあらわれました。あと1回のおてだま道で、一つでも上がろうとみんな頑張っていますよ。

幼児工作教室 ひな人形つくり

  2月1日(木)南加納保育園の年長組14名が、ひな人形つくりにやって来ました。風邪などで何人かのお友達は欠席でしたが、もうすぐ1年生とあって、あいさつや姿勢などがとてもよく、スムーズに作業が進みました。紙コップとスチールのボールを使い、かわいいお内裏様ができました。お部屋に飾り、元気な1年になるといいですね。

おてだま道

 1月17日(水)10回目のおてだま道が行われました。師範を獲得した児童は、3つのおてだまを何回もまわせるようになりました。そして あと少しで師範になれるかなという、男の子も現れました。みんな上の段を目指して頑張っています。

幼児工作教室 鬼さんつくり

 1月18日(木)しんまちこども園の年長組17名が「鬼さんつくり」にやって来ました。どの園児も几帳面に色を塗り、隙間なくお花紙を貼る事が出来ました。館長扮する鬼さんがとても怖かったようで、後ずさりをしながらの鬼退治でしたが、泣き虫・おこり虫・弱虫を鬼さんがみんな持って行ってくれたようです。

おはなしがよく聞ける、りっぱな1年生になれそうですね。

犬ポンポン

 戌年にになり、1F展示ケースをポンポンで作った犬たちで、飾ってみました。ポンポンメーカーに毛糸を何回も巻き、彩も考え、一生懸命作りました。柴犬・トイプードル・フレンチブルドッグ・ミニチュアシュナウザー・ブルテリア・ヨークシャテリアなどのポンポン犬が、楽しそうに公園で遊んでいます。ぜひ見に来てください。

幼児工作教室 鬼さんつくり

 1月11日(木)ふなひきこども園の年長組23名が「鬼さんつくり」にやって来ました。穏やかな表情の園児さん達の、落ち着いた行動がとても印象的でした。お話も目を見てしっかりと聞くことが出来ましたよ。角に色を塗るときやお花紙を付けるときは、真剣なまなざしで、時間の過ぎるのも忘れ、作業に集中しました。個性的でかわいい鬼さんが出来、泣き虫・弱虫も退治しました。

アレンジフラワー作り

12月23日(土)13:30~15:30   講師:フラワーコーディネーター 船ケ山貴士 氏



 船ケ山貴士氏をお招きし、クリスマスのリースを作りました。最初にヒバとヒムロを

人さし指ぐらいに切り、オアシスにサークル状にさしていきました。リースの土台が出来ると

カーネーション・モカラ蘭・ヒペリカム等をまん中にさしていきます。みんなどんどん

楽しくなっていき、夢中で作りました。クリスマスが終わった後お正月アレンジにする

方法も教えていただき、リースを持ってみんなうれしそうにお家に帰っていきました。

きっと素敵なクリスマス・お正月が待っている事でしょう。

おてだま道

12月20日(水)9回目のおてだま道が行われました。ついに、おてだま3つを9回まわせ、師範になった児童があらわれました。毎日こつこつと練習をしている姿が、印象的でしたよ。今日はみんなで拍手をしながら、師範の演技を見ました。もっともっと回せるように、これからも練習をするそうです

キッズリンガーズ

清武総合文化祭・クリスマスフェスタ等大きな発表会が終わり、ちょっと一息のみんなですが、また来年度の発表に向け、新たな曲に挑戦し始めました。

「しめ縄作り」教室

平成29年12月17日 13:30~15:30 講師:落合 三城 氏


 児童文化センター毎年恒例のしめ縄作り教室が行われました。講師は、熊野神社の権禰宜、落合三城さん。なぜお正月にしめ縄を飾るのかのお話を聞いた後、しめ縄作り開始です。まずは、藁を横づちで叩くところから始まり、親子・友達同士で協力しながら藁を綯い、扇や稲穂を思い思いの場所に付けてオリジナルのしめ縄が完成しました。それぞれの玄関で、いい正月が迎えられそうです。


幼児工作教室 獅子頭つくり

 11月30日(木)南今泉保育園の年長組13名が「獅子頭」作りにやって来ました。お話をしっかりと聞き、自分なりの工夫で作業をする姿が印象的でした。とても個性的で楽しい作品を作ってくれた園児の皆さん、来年がいい年になりますように‼

おてだま道

 11月15日(水)8回目のおてだま道が行われました。ついに3つのおてだまを2回以上回すことが出来る8段を獲得した児童があらわれました。毎日少しずつ練習をしたかいがありましたね。他の児童も負けじと頑張っています。

キッズリンガーズ清武総合文化祭に出演

 4月~毎月第1・第3土曜日に練習しているハンドベルのチーム(キッズリンガーズ)が、11月12日(日)はじめて大きな舞台に立ちました。はらはら、どきどきでしたが、本番に強い子供達、しっかりとしかも堂々と演奏出来ました。これからも一生懸命練習して、みなさんにきれいな音を、お聞かせできたらいいなと思います。

幼児工作教室 獅子頭つくり

11月2日(木)北今泉保育園の年長組15名が「獅子頭つくり」にやって来ました。お話をよく聞いて、楽しそうに作業をする姿が、印象的でした。目・鼻・たてがみ等、よく考え、想像力あふれる作品を作り上げました。獅子にかまれ、元気で楽しい1年になるといいですね。

キッズリンガーズ猛練習

 11月12日(日)に行われる清武総合文化祭に出演します。4月に発足したばかりの、ハンドベルのチームですが、皆さんに聞いていただこうと、一生懸命練習しています。

幼児工作教室 おさかなちゃんつくり

10月5日と19日清武みどり幼稚園の年長組54名が「おさかなちゃんつくり」にやってきました、お話をよく聞き、さっと作業に取りかかれる集中力は、目を見張るものがありました。作品も個性的で、創造性あふれる、素晴らしいものとなりました。

おてだま道

10月18日(水)7回目のおてだま道を行いました。今回は片手で2つのおてだまを10回以上回す、5段を獲得した児童があらわれました。みんな追いつこうと頑張っています。

硬筆カフェ

10月3日と15日に大人だけの硬筆教室を行いました。月に2回の講座ですが、毎回参加している方は、かなりの進歩がみられるようです。少しコツがわかってきたのでしょうか?久しぶりに参加した方は、肩や手首が痛いと、反省をしていました。毎日少しずつ書いていけるといいですね。

ワークショップ「ウレタンロボット」を作ろう!

平成29年10月8日  14:20~16:00  講師:納富 俊郎

 「ともだちげきじょう」に登場した「ウレタンロボット」を作りました。みんな同じ材料を使っていても、完成したウレタンロボットは、み~んな違う。思わずクスッっと笑ってしまうくらい、それぞれ可愛らしい人形が出来上がりました。お口をぱくぱく、首や手足を動かしてみて、みんなニッコリ。最後は、カエルの歌を歌いながら皆で一緒にロボットを動かして遊びました。

人形達に命を吹き込もう!「ともだちげきじょう」

平成29年10月8日 12:45~14:00  人形劇団 ののはな 納富 俊郎・祥子

 0歳から小学校低学年を対象に、人形劇「ともだちげきじょう」が上演されました。1.しろくまちゃん 2.ウレタンロボット 3.コップんこシアター 4.ぴょんちゃん・けろちゃん 5.うどんのうーやんの5つのおはなし。どの作品も、とっても可愛い、そしておもしろい!お父さん、お母さん、そして子ども達、みんな目を輝かせて楽しそうに見入っていましたよ。

 また、いつかどこかで「しろくまちゃん」や「うーやん」に逢えるといいね!

アニマシオン「うどんのうーやん」事件を解決しよう!

平成29年10月5日 15:30~16:30から人形劇「ともだちげきじょう」公演の事前ワークショップが行われました。絵本「うどんのうーやん」を題材にしたアニマシオン。20名の子ども達が参加してくれました。読み聞かせをした後の間違いさがしでは、「ダウト!」とたくさんの子ども達から声が上がりました。「バラバラ事件を解決せよ!」では4つのグループが、ばらばらになったお話を正しく並べ替える速さを競い合いました。最後はみんなの前で寸劇を披露し、楽しい時間を過ごしました。


キッズリンガーズ演奏訪問

8月29日(火)宮崎社協清武支所デイサービスへ訪問しました。チームを作り練習を始めて、まだ5ヶ月ですが、快く訪問を受けてくださり、緊張しつつも、心和むひと時でした。練習では間違えていた児童も、本番では間違うことなく演奏をし、本番での強さを見せてくれました。

幼児工作教室 獅子頭つくり

11月24日(木)清武中央保育園の年長組16名が「獅子頭つくり」にやって来ました。先生のおはなしに耳を傾け、静かに手際よく作業をしました。鼻・目・眉などに工夫を凝らし、自分らしい怖くて、かわいい獅子が出来上がりました。来年も元気で保育園に行けますようにと、獅子にぱくぱくしてもらい、楽しい工作を終えました。

幼児工作教室 おさかなちゃん作り

9月15日(木)黒坂保育園の年長組18名が「おさかなちゃん作り」にやって来ました。お話をよく聞き、丁寧に作業をする姿が印象的でした。きれいな色紙を手で小さく裂き、尻尾の方から貼っていきます。大きい魚・小さい魚・顎が出ている魚・ニッコリ笑った魚・個性あふれる魚たちが、所狭しと泳ぎます。みんなと同じくらい魚たちも元気です。